通信制限に悩まされる日々…

スマートフォンや携帯電話は、どこでもインターネットが利用出来て非常に便利ですよね。
でも、1ヵ月間で7GB以上の通信を行うと通信制限が行われ、通信速度が128Kbpsになってしまいます



1ヵ月に7GBまで



とは言え、最近ではdocomoのウルトラパック、auのスーパデジラ、SoftBankのギガモンスターと、20GBや30GBまで通信量を利用出来る通信プランが登場しました。
ですが、20GBで月額6,000円30GBで月額8,000円ものパケット代が基本料金とは別に掛かります。
しかも、パソコンなどの機器をテザリングで通信したい場合には、月額1,000円のテザリングオプションも別で請求されます。



ですので、使用出来る通信量の割には、月額料金が高額になります。
かと言って、通常の料金プランでは、通信量を常に気にしつつ、動画などの大容量通信を行うのを控えるようなインターネット環境になってしまいます。



通信量を気にしながらのインターネット環境



高い月額料金か。
それとも、厳しい通信制限か。
そのようなインターネット環境下では、どちらにしろストレスが溜まってしまいます



実際、私も厳しい通信制限下でスマートフォンを利用していた時期がありました。
出来るだけ通信し過ぎないように我慢しながらインターネットを利用していたものの、それでも、月末になると通信制限が適用されてしまうようなインターネット環境でした。
そして、早く月が変わらないかと、通信制限が解除されるのを待っていたものです。



通信制限が解除されるまで待つ日々



では、安い月額料金で、通信制限もそこまで厳しくないインターネットサービスはないものでしょうか?
実は、そんなインターネットサービスがあります



これから、金銭的にも利便性的にもお得なインターネットサービスについてご紹介します。
このインターネットサービスを導入する事によって、好きな場所から、たっぷりとインターネットを楽しむ事が出来るようになります。
そんな、自由なインターネット環境を手に入れる事が出来るようになりますので、ぜひ参考になさって下さい。

割安に自由度の高いインターネット環境を手に入れる方法

比較的割安に自由度の高いインターネット環境を手に入れる事が出来るインターネットサービスですが、それはWiMAXサービスになります。
そんなWiMAXサービスに適用される通信制限には、以下の2種類のものがあります。



WiMAXサービスに適用される通信制限
通信制限の種類 通信制限の適用条件 通信制限の適用後
月間のデータ利用量による速度制限 月始めからの総通信量が7GBを超える 月末までの通信速度が128Kbpsに制限される
混雑回避のための速度制限 前日までの直近3日間の合計通信量が3GBを超える 翌日の昼から翌々日の昼までの通信速度が、Youtube動画の標準画質が見られる程度のレベルに制限


そして、WiMAXサービスの料金プランにはUQ FlatツープラスプランUQ Flatツープラス ギガ放題プランUQ Flatツープラス auスマホ割(2年)プランUQ Flatツープラス auスマホ割(4年)プランの4種類の料金プランがあります。
通常選択出来るのは、UQ FlatツープラスプランUQ Flatツープラス ギガ放題プランの2種類になります。
そして、auのスマートフォンや携帯電話が安くなるauスマートバリューmineを利用する方であれば、UQ Flatツープラス auスマホ割(2年)プランUQ Flatツープラス auスマホ割(4年)プランの2種類の料金プランを利用する事が出来ます。



それぞれの料金プランによって月額料金が異なる訳ですが、適用される通信制限にも違いが出て来ます。



UQ WiMAXの月額料金
ご利用期間 UQ Flatツープラス
UQ Flatツープラス auスマホ割(2年)
UQ Flatツープラス auスマホ割(4年)
UQ Flatツープラス ギガ放題
1〜3ヵ月目 3,696円 3,696円
4ヵ月目〜 4,380円


UQ Flatツープラス・UQ Flatツープラス auスマホ割(2年)プランに適用される通信制限
通信制限の種類 ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
月間のデータ利用量による速度制限 通信制限あり
混雑回避のための速度制限


UQ Flatツープラス ギガ放題・UQ Flatツープラス auスマホ割(4年)プランに適用される通信制限
通信制限の種類 ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
月間のデータ利用量による速度制限 通信制限なし 通信制限あり
混雑回避のための速度制限 通信制限あり


ご覧頂くとお分かりのように、UQ Flatツープラス ギガ放題プランやUQ Flatツープラス auスマホ割(4年)プランに申し込んだ方であれば、通信制限が一部規制緩和されます。
ハイスピードモードと言うWiMAX 2+通信のみを利用する通信モードを使用している状況下であれば、月間のデータ利用量による速度制限が適用される事はありません



たっぷりとインターネットを楽しむ事が出来る



ただし、WiMAX 2+通信とau 4G LTE通信を利用するハイスピードプラスエリアモードを使用している場合は、通信制限が適用される可能性があります
ここで注意して欲しいのが、ハイスピードプラスエリアモードを設定している状況下であれば、実際にWiMAX端末が行っている通信がWiMAX 2+通信であろうとも、通信制限の通信量計算に含まれてしまいます



重要なのはWiMAX 2+なのかau 4G LTEなのかではなく、ハイスピードモードなのかハイスピードプラスエリアモードなのかなのです。
ここをよく理解もせずに、あべこべな知識で紹介しているサイトもちらほら見受けられます。
そう言うサイトの情報を鵜呑みにしないように注意しましょう。



通信制限の計算は通信モードごと



また、ハイスピードプラスエリアモードで月間のデータ利用量による速度制限が適用されてしまった場合、ハイスピードモードに対しても月間のデータ利用量による速度制限が適用されてしまいます。
そうなると、WiMAX端末は128Kbps程度の通信速度しか出なくなってしまいます。



ですから、くれぐれもハイスピードプラスエリアモードの通信量にだけは注意しましょう。



通信制限に注意



そして、混雑回避のための速度制限の場合は、どの料金プランだろうが、ハイスピードモードだろうがハイスピードプラスエリアモードだろうが、普通に適用されます。
通信量の計算は、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードの合計通信量で計算されます。



一見すると、混雑回避のための速度制限は非常に厳しい通信制限なのかと思われがちですが、そう言う訳ではありません。
混雑回避のための速度制限は非常に適用されやすい通信制限ではあるものの、適用後であってもYoutube動画の標準画質が見られる程度の通信速度が維持されます。
UQ WiMAXの公式サイトでは、混雑回避のための速度制限について以下のように記載されています。



従来の速度制限は、目安としてYouTube動画の標準画質が見られるレベルでしたが、より利便性の高い運用方法の準備が整うまでの間、それを上回る速度となります。



ですので、実際の使用感では、YoutubeのHD動画でも普通に視聴する事が出来ています
つまり、現状では混雑回避のための速度制限は実用上困るほどの通信制限ではないと言う事です。

この先ノーリミットモードはなくなる!?

以前、WiMAXサービスにはどれだけ通信を行っても速度制限のないノーリミットモードが搭載されたWiMAX端末がラインナップされていました。
ですが、ノーリミットモードが搭載されたWiMAX端末は2015年からどんどん姿を消し、現在はURoad-Home2+のみとなっています。



URoad-Home2+



また、ノーリミットモードで使用するWiMAX回線は、2018年までしか利用する事が出来ない事が決まっています。
ノーリミットモードがなくなってしまう事で、WiMAXの通信制限が厳しくなるのではとの懸念の声もありました。



ですが、ご紹介したように、ノーリミットモードがなくても実用レベルでWiMAXサービスをたっぷりと利用する事は出来る訳です。
ですので、WiMAX回線が停波になっても、特に気にする必要はありません

Y!mobileはどうなの?

ちなみに、WiMAXサービスと競合するモバイルインターネットサービスにY!mobileと言うサービスがあります。
Y!mobileはWiMAXサービスよりも月額料金が安い分、通信制限の規制が厳しいです。



ですが、Y!mobileの料金プランの中には、WiMAXサービスと同等の料金で同等の通信制限の規制具合の料金プランもあります。
とは言え、Y!mobileの場合は、1ヵ月に7GBを超えそうになったら、いちいちアドバンスモードへの切り替えが必要になります。
しかも、500MB通信を行うごとに手続きが必要となりますので、いちいち面倒です。





そう言った面を考慮すると、Y!mobileよりもWiMAXサービスの方が非常に使いやすいです。



↓UQ WiMAXの詳細情報はこちら↓
UQ WiMAX

WiMAXサービスをたっぷりと利用する為の3つのポイント

色々と細かい部分の説明をして来ましたので、情報がごちゃごちゃになっている方もいるでしょう。
そこで、WiMAXサービスをたっぷりと利用する為に、注意すべき3つのポイントについておさらいをしましょう。



この部分だけでも理解をして頂ければ、問題なくWiMAXサービスを利用する事が出来ます。



  • WiMAXサービスを申し込む際には、UQ Flatツープラス ギガ放題プランUQ Flatツープラス auスマホ割(4年)プランに申し込む。
  • ハイスピードプラスエリアモードの利用は、1ヵ月に7GB未満に抑える。
  • 混雑回避のための速度制限が適用されている場合には、実用レベル以上の大容量通信を控える


この中でも特に難しいのが、ハイスピードプラスエリアモードの通信量を把握しなければならないと言う部分でしょう。
とは言え、WiMAX端末の設定を変える事で、ハイスピードプラスエリアモードの総通信量だけを表示する事が可能です。



WiMAX端末のディスプレイ



また、契約先のマイページにて、自身の通信量を確認する事が出来るようにもなっています。
そう言ったものを活用しながら、ハイスピードプラスエリアモードを利用し過ぎないように注意しましょう。





私の場合だと、ハイスピードプラスエリアモードは一切利用しないと割り切っています。
そもそも、WiMAX 2+が圏外表示されるような郊外にはほとんど行きませんし、そこでインターネットを利用する事もありませんので、さほど難しい事ではありません。



そうする事で、実は、1ヵ月に100GB以上の通信を行う事だって可能なのです。



月々の通信量



また、最初からハイスピードプラスエリアモードには対応していないWiMAX端末を選択すると言うのも良いでしょう。
この場合、ハイスピードプラスエリアモードには対応していない分、他の機能に特化しているWiMAX端末を利用する事が出来ます。

今なら、WiMAXサービスがよりお得に!

以上、通信制限が厳しくないインターネットサービスと言う事で、WiMAXサービスについてご紹介しました。
いかがでしたか?



速度制限が厳しくないインターネットサービス



ちなみに、今でしたら、UQ WiMAXでWiMAXサービスの申し込み時に商品券が貰えるキャンペーンが行われています。
期間限定のキャンペーン特典となっていますので、ぜひ活用しましょう。



↓UQ WiMAXのキャンペーンサイトはこちら↓
UQ WiMAX